スカトロレーベル:GIGA(ギガ)を解説

うんこたれ公式サイトはコチラから↓↓↓

スカトロレーベル:GIGA(ギガ)を解説

今回はGIGAについて色々書いていこうと思います。

 

ヒロインだけで2000本以上

GIGAといえば言わずと知れたヒロイン専門レーベル。

 

95年開始以降、インディーズレーベルながら他を圧倒するペースで新作をリリースし続けています。
なんとその作品数は合計で2000本以上。
ここまでブレない軸のあるレーベルもかなり珍しいですよね。

 

一言でヒロインといっても、セーラームーンや戦隊モノなどTVで御馴染みの作品もあれば、くノ一や潜入捜査官などヒロインかどうか疑わしいモノもあります。

 

内容に関しては「ヒロインのやられ」がほとんど。
大抵はシリアスな作風ですが、コメディ色の強い作品もたまに入っています。
実は有名なAV女優も数多く出演しています。

 

スカトロ作品については本数は少なめですが、「HEROINE排泄拷問」「ヒロイン排泄地獄」「ヒロイン排泄陵辱」シリーズなどが製作されています。

 

また、関連レーベルにZEUS(ゼウス)というスカトロ専門のレーベルもあります(現在ZEUSはG-HISTORYという名前に変更)。

 

ただ、動画配信サイトでの扱いはバラバラで、例えはDMMではヒロインのスカトロ作品はGIGA扱い。
それに対してDUGAではG-HISTORY扱いになっているなど、イマイチ定義がバラバラなようです。
※このブログではGIGAに分類しています。

 

DVD版は定価がとにかく高い!

そしてGIGAのもう一つの特徴と言えるのは、その価格設定です。とにかく高い(汗)。

 

SODの高橋がなりによってAV業界の一大旋風となった価格破壊にもビクともしません。
定価10500円というスーパーファミコン後期のような強気の価格設定を続けています。

 

そもそも普通のAV店でも取り扱っている所がかなり少なく、アキバコムなど大手でフェチ系作品を扱っている所でないと目にする機会も少ないです。
それだけにコアなファンに支えられているレーベルと言えます。
現在、ダウンロード版は3150円まで下がっているので、やっと普通に変える値段になりました。

 

ストーリー重視のスカトロ作品

ストーリー性を重視していることも他のスカトロ作品と大きく異なるポイントです。
60〜80分の一つのドラマを見ているような感覚ですね。

 

各作品とも脱糞は1回〜2回で、その後はひたすら浣腸シーンが続くパターンがほとんどです。
そのため脱糞シーンを単発で見るのではなく、全体の流れで興奮するスカトロ作品と言えます。

 

正義のヒロインがどのような背景があって悪に立ち向かうのか。
どのような理由で排泄拷問の刑を受けることになるのか。
そして陵辱されたヒロインの最後はどうなってしまうのか。
こういったストーリー性の部分が、見えない形でスカトロの完成度を高めています。

 

原作ソックリの有名ヒロインスカトロ作品BEST3

アンドロ仮面


HEROINE排泄拷問13
マスクもマントもほぼ同じ。色違いにしか見えません。
詳しいレビューはこちら

 

スーパーマン


HEROINE排泄拷問25
色が違うのでそこまでではないですが、スーパーマンを意識しているのは明らか。
詳しいレビューはこちら

 

ウルトラ警備隊


HEROINE排泄拷問30
ウルトラセブンの隊員のコスチュームにそっくり。ウルトラマンファンなら是非!
詳しいレビューはこちら

 

 

ギガ


当サイトではDUGAのサンプル動画を使用しています。
ちなみに、無料会員登録をすると好きな作品のサンプル動画が見放題
これがけっこう使いやすくて便利です。
レンタル店に置いていないようなフェチ作品ばっかりなのも、マニアには嬉しいところ。
会員数90万人の超大手企業なので安心です。

>>DUGAのトップページはこちら<<

トップページ 記事一覧 お問い合わせ リンク集